日刊工業新聞社 トピックス

  • トップ
  • 日刊工業新聞社 トピックス詳細
お知らせ

未来を拓き、現場を支える ”金型の技術総合誌”

『型技術2020年11月号』【特集】金型づくりのロス削減を実現する 最新のCAE解析技術(毎月16日発売)

(2020.10.16)

『型技術2020年11月号』【特集】金型づくりのロス削減を実現する 最新のCAE解析技術(毎月16日発売)

お求めは、全国書店、日刊工業新聞社の書籍・雑誌の
オンラインショップ(Nikkan Book Store)
などから。

定価 1,540円(税込)

日刊工業新聞社が10月16日に発売する「型技術2020年11月号」は、「金型づくりのロス削減を実現する 最新のCAE解析技術」を特集。

 コンピュータを用いて仮想の試作・試験を行うCAE解析は、難易度の高い部品成形をサポートする重要なツールです。一方、CAE解析はソフトを導入したからといってすぐに効果を出せるわけではありません。CAE解析を使った事前予測により、試作回数の削減や不良発生の防止を実現するには、解析結果をいかに現実と近いものにできるかがポイントとなります。
 本特集では、高精度な事前予測を可能にするCAE解析の最新技術動向と、CAE解析ソフトを使いこなして金型づくりや部品成形のロス削減につなげているユーザーの事例を紹介します。

詳細は、日刊工業新聞社の書籍・雑誌のオンラインショップ(Nikkan Book Store)をご覧ください。
『型技術』2020年11月号
http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0005

Twitter Facebook

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる