顕彰事業

読者が選ぶネーミング大賞

ネーミング

2020年度・第31回 読者が選ぶ「ネーミング大賞」

第31回読者が選ぶネーミング大賞

大賞はキャニコムの「アラフォー傾子」に決定

 日刊工業新聞社は「第31回読者が選ぶネーミング大賞」に大賞のキャニコムなど17件を選定した。総投票数1万157票の内、2760票を獲得したキャニコムの小型無線操縦式草刈り機「アラフォー傾子」が大賞に輝いた。

 大賞のアラフォー傾子は「単に奇抜なネーミングではなく、製品の特徴や、ネーミングに込められた開発者の思いに納得」(60代男性)、「しゃれっ気もあるが、45度をアラフィフと呼ばないセンスを同年代として評価したい」(40代女性)と多くの支持を集めた。

 ビジネス部門1位は京阪紙工の段ボール製飛沫防止パーテーション「パパっとパーテーション」が選ばれた。「パパっと素早く組み立てられることが想像でき、社内でも使いたい」(女性50代)、「語呂もリズミカルで口に出して言いたくなる」(男性30代)と実用性に加えて響きの良さが評価された。

 生活部門1位は新和の足踏み式消毒液設置台「フットラック」が選定された。「消毒するたびに今日も一日頑張って、と声をかけてもらえているようで前向きになれる」(男性30代)、「『楽』のほかに、実際に使うことでみんなが『幸せ』になれるイメージを感じる」(女性20代)などのコメントが寄せられた。

 そのほか、発想力に着目したアイデアネーミング賞2件、一目で印象に残るインパクトネーミング賞1件、洗練された印象を与えるスタイリッシュネーミング賞3件、遊び心があふれるユーモアネーミング賞3件、シリーズ展開、ブランド定着しているブランドネーミング賞1件が選ばれた。さらに、片平秀貴氏(丸の内ブランドフォーラム代表)ら4人が審査員を務め、全17件の受賞ネーミングから審査員特別賞を1件選定した。

第31回 読者が選ぶ「ネーミング大賞」(2020年度)受賞一覧

ネーミング 企業・団体名
大賞 アラフォー傾子(ケイコ) キャニコム
生活部門 1位 フットラック 新和
2位 のんたっち君 テクノプラスト
3位 iCE Tee アトリエケー
ビジネス部門 1位 パパっとパーテーション 京阪紙工
2位 ミズヲトメ 豊和工業
3位 マイクるジョーダン 岩田鉄工所
アイデアネーミング賞  押しドリくん 大有
フンデクリン 中央スプリング製作所
インパクトネーミング賞 測屋平兵衛(はかりやへいべい) テレマ
スタイリッシュネーミング賞  Matoi(マトイ) ニチホウ
サリバミュコサ 協同工芸社
TEMASK(てますく) イナバ
ユーモアネーミング賞  まるみえマスク 井口機工製作所
せっけんありますか? トーアテック
スマートフォンふきふき 小林製薬
ブランドネーミング賞 グリーンズフリー キリンビール
「読者が選ぶ ネーミング大賞」とは

 「読者が選ぶネーミング大賞」は毎年、読者の投票で優れたネーミングを選ぶ表彰制度です。日刊工業新聞に掲載した新製品、新サービスなどの中から、きらりと光るネーミングをノミネート。ビジネス部門と生活部門を設定し、読者の投票によって「かっこいい」「ユーモアあふれる」「忘れられない」「とにかくぴったり」など、これから長く広く愛されていくだろうネーミングを選定し、表彰します。

過去の受賞ネーミング

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる